Gentooでccminerをビルドしてmonacoinを掘る

どうもmonacoinを1モナ2000円で掴んだ負け組です.

今回はせっかく高級なGPUがあるんだからccminerでmonacoinを掘る環境を整えました.

それまでもGPUだけはあったんですが,電源の能力が不足していたのでGPUマイニングは行っていませんでした.

それが電源が変わって負荷に耐えられるようになったのでマイニングを行ってみることにします.

PCの電源を750WのFSP RAIDER RA-750から1000WのCorsair RM1000iに乗り換えたらGPUが安定駆動するようになりました - ncaq

まずnvidia-cuda-sdkをなんとかしてインストールします.

nvidia-cuda-sdk-9.0.176がglibc-2.26-r5でビルドできない問題の解決方法 - ncaq

ccminerはデフォルトでcudaの位置を/usr/local以下だと思っているので環境に合わせて以下のように修正します.

ビルドスレッドも書き換えればビルドが早く終わってよい.

diff --git a/build.sh b/build.sh
index 17935f3..6d626b3 100755
--- a/build.sh
+++ b/build.sh
@@ -13,4 +13,4 @@ rm -f config.status
 # CFLAGS="-O2" ./configure
 ./configure.sh

-make -j 4
+make -j 32
diff --git a/configure.sh b/configure.sh
index a4c4f46..dfeaf13 100755
--- a/configure.sh
+++ b/configure.sh
@@ -3,5 +3,5 @@
 extracflags="-march=native -D_REENTRANT -falign-functions=16 -falign-jumps=16 -falign-labels=16"

 CUDA_CFLAGS="-O3 -lineno -Xcompiler -Wall  -D_FORCE_INLINES" \
-       ./configure CXXFLAGS="-O3 $extracflags" --with-cuda=/usr/local/cuda --with-nvml=libnvidia-ml.so
+       ./configure CXXFLAGS="-O3 $extracflags" --with-cuda=/opt/cuda --with-nvml=libnvidia-ml.so

そうしたらbuild.shでビルドして,マイニングができます.

一応この記事を書きながらでもマイニングは出来て,真の値ではないでしょうけど67.76 MH/sは出してくれます.

しかし,GPUマイニングを行っていると画面描画が上から順番に行われて面白いですね.PCの温度は凄い事になるので,夏場に行うのは難しそうです.

このエントリーをはてなブックマークに追加 fb-like g-plusone pocket