直近5記事

:
Windowsの仕様に苦しみながらWindowsのKeyhacにXMonadのrunOrRaiseを移植しました

リポジトリにあるソースコードはこちら。 keyhac-config/config.py at master · ncaq/keyhac-config やりたいこと Linux向けの高度にカスタマイズできるウィンドウマネージャである、 XMonad向けの関数である、 runOrRaise があります。 これをWindows向けの、 Keyhac - Pythonによる柔軟なキーカスタマイズツールに移植したいです。 runOrRaiseは何をする関数なのか? raise関数 まずraise関数というもの

:
Windowsで謎のエラーポップアップが出たときに、エラーを出している原因のプロセスを調べる方法

概要 windows 7 - Runtime Error: R6025 -- Unable to see location of program causing the error - Super User を読めば解決します。 背景 Windows 11でドライバを更新した後再起動すると、運悪くブルースクリーンエラーになってしまい、次から起動すると以下のようなエラーが出るようになってしまいました。 Cannot open file StrRes.xml タイトルがUUID(GUID?)だから何

会社の評価面談のための目標設定を書くために考え込んでいたらメンタルがヘラって長文で自傷行為をしてしまった

文脈 上期の目標設定シートが全く書けなくて会社のSlackでメンヘラになっています書けない理由は以下の通りです久々に本格的に死にたくなってきたな pic.twitter.com/OJRRIoigVW — エヌユル (@ncaq) December 13, 2022 数学と英語 一般的には自己研鑽で学べるものとされていて、学ぶと良いと思って前回も書いたのは数学と英語だ。 数学 数学も大学で出来ないことを承知で「数理最適化」を取ったが、3次元以上の微分を中々イメージできなくてテスト問題を全然答

:
HaskellのAlternative, MonadPlus, StateT, Logicを使ってパーサーコンビネータのようにツリー構造を処理するための初歩知識

この記事は何? これは、 logict :: Stackage Server とそれを組み合わせたパターンを使うための入門文書です。 具体的に行いたい処理としては、事前にある程度トークン分割などが処理されている、自然言語もしくはプログラミング言語などの人工言語の処理を想定しています。 ゼロから平坦なテキストをパースしていきたい場合は、 Megaparsec tutorial from IH book (翻訳) という名記事を読んだほうが良いと思いますし、そもそもこの記事を読んでもMegaparsecのチュ

poetry 1.2.2と1.1.12ではlockファイルに互換性が無いのでコーナケースでは注意が必要

要約 GitHubで公開だけしてるだけのソフトウェアをAWS LambdaのPythonのDockerランタイムで実行したい poetryのロックファイルがバージョンごとに非互換で詰まっていた やりたいこと foo = {git = "https://github.com/Lab/foo.git"} みたいなPyPIに登録されてないGitHubに直接置かれているライブラリをpoetryで管理して、 poetry export -f requirements.txt --ou

年度別記事一覧

    2023å¹´ 2022å¹´ 2021å¹´ 2020å¹´ 2019å¹´ 2018å¹´ 2017å¹´ 2016å¹´