PCの電源を750WのFSP RAIDER RA-750から1000WのCorsair RM1000iに乗り換えたらGPUが安定駆動するようになりました

今までFSP RAIDER RA-750を使っていました.

これをCorsair RM1000i PS562 CP-9020084-JPに変更しました.

変更した理由は,従来の電源でMSI KOMBUSTORのストレステストを実行したら,KP41でWindowsが強制終了するためです.

計算上Threadripper 1950XとGTX 1080 Tiの構成では750Wで足りるはずなのですが,症状がどう見ても電源容量の不足のため,変更しました.

変更したらストレステストは問題なく動くようになりました.

RA-750は2014年に買った電源だったので,老朽化して最大のパフォーマンスが出せなくなってしまったのかもしれませんね.

RM1000iはもうギリギリを走るのは面倒だったので1000Wで動いて,電気代は私持ちじゃないので適当に安い電源を探した結果です.

終息品だったので大丈夫かなと思ったのですが,問題なく動いてくれているようです.

  • マザーボードのUSBソケットが足りなかったのでCorsair Linkが使えなかった
  • CPUのクーラーのファンを一度取り外したら4つのネジのうち1つが何故か閉まらなくなった
  • コードが分厚いのでケースの蓋が完全に閉まらなくなった

などの問題は発生しましが,概ね大丈夫でした,動作に支障はありません.

このエントリーをはてなブックマークに追加 fb-like g-plusone pocket