Google カスタム検索を導入して,その進化に驚いた

  • Google カスタム検索を導入した
  • 今のカスタム検索は進化していてwebサイトに統合できる

背景

ブログ記事からタグデータを削除した,そもそもブログにタグは不要 - ncaqに書いてあるように,このサイトにタグだのカテゴリだのの区分けはない.要するに,テキストが主体のサイトなのだから,全文検索すればいいだろと考えている.

しかしgoogleの検索クエリにsite:www.ncaq.netを付ければ,私のサイトだけを検索することが出来るということを知っている人は多くはないだろう.

なので,Google カスタム検索を導入することにした.

参考

昔より進化していた

Google カスタム検索の存在は,webを使い始めた頃から知っていた.そのイメージは,単に検索クエリにsite:www.ncaq.netをつけたのと同じgoogle検索結果が表示される,ただそれだけであった.

それで十分だと考えていたが,私は今のGoogle カスタム検索が大きく進化していることを知った.そして驚いた.

今のGoogle カスタム検索は,大きく分けて以下の3つに分類される.

  • googleからの応答をモーダルウインドウで表示する
  • googleからの応答をページに途中に挿入する
  • googleに飛ばす(従来のイメージ)

私は従来のgoogleに飛ばす方式しか知らなかったので,シームレスに検索が出来るようになっていたことに驚愕した.

以前同級生に「独自の検索システムは8割は無駄,googleカスタム検索の方が大概使いやすい」と言ったら「でもデザイン的に手抜きっぽいし嫌だなあ」と返されたことがある.しかしこの表示方式ならば,デザインを損なうこともない.

色もちゃんとカスタマイズできるのでSolarizedで統一されるようにgoogleをカスタマイズすることができた.

導入も比較的簡単で,html要素を追加するだけだ.私のwebサイトならばこうである.

<div class="gcse-search"></div>
<script async src="https://cse.google.com/cse.js?cx=004447714709742723527:gfxoo7p4yao"></script>

今のGoogle カスタム検索には概ね満足している.

Google カスタム検索のダメなところ

  • 検索フォームのデザインがクソ,<table>でレイアウトを組むな,透過gifを使うな
  • 検索フォームの読み込みが遅い
  • enterでは検索できるけどC-mでは検索できない
  • 広告がデカイ
このエントリーをはてなブックマークに追加 fb-like g-plusone