• 作成日時:
  • 更新日時:

DiscordのGNU/Linux版で通話開始直後にノイズが走る問題は環境変数PULSE_LATENCY_MSECを90に設定することで解決できます

Discordはとても良いソフトウェアですが,繋ぎ始めの瞬間だけとてもノイズが走るのが難点でした.

SlackとSkypeを使っていましたが,Skypeを投げ捨ててDiscordに移行することにしました - ncaq

しばらく待っていればノイズが消えて普通に通話できるようになるのですが,それまで待つのは鬱陶しいですね.

この問題を解決しようと色々単語を変えて検索してみて,やっと解決方法を見つけました.

lectrode commented on 2018-08-24 16:37

I was having static/crackling whenever I joined voice chat until I came across this workaround: PULSE_LATENCY_MSEC=90 discord

AUR (en) - discord

環境変数PULSE_LATENCY_MSEC90に設定すれば良いそうです.

Discordを起動する時だけに設定するのは面倒なので,/etc/env.d/のファイルに書くとか,xmonad.hsに

liftIO $ setEnv "PULSE_LATENCY_MSEC" "90" -- Discordのノイズ対策

と書くと良いと思います.

これで通話開始直後のノイズはなくなりました.

PulseAudioのデフォルト設定と相性が悪かったようですね.

自分は特に副作用を感じなかったのでこの環境変数をグローバルに適用していますが,気になる人は環境変数を設定して起動するシェルスクリプトを用意しておくのが良いかもしれません.