このエントリーをはてなブックマークに追加 hatena-bookmark fb-like g-plusone
line-it
pocket
  • 作成日時:
  • 更新日時:

科学論・科学史102(原子の構造)

CTやMRIは聞いたことありますし,MRIはこの間受けましたが,PETと言うのは聞いたことなかったですね.

光の強度が強いと高温.

量子はエネルギーにおける原子,これ以上分割出来ない単位.(素粒子の話は置いておこう)プランクは量子の概念を用いてプランクの法則を作って黒体放射の波長を分布した.しかし,量子の存在はあくまで数学的テクニックだった.アインシュタインは量子が実在することを示した.

原子の実在は1922年(ペラン)頃に認められたが,電子の実在は1897年(J・J・トムソン)頃に認められていた.電子のほうが小さいのに電子のほうが認められるのが早かった.

物質は何故光るのか?反射光ではなく放射光の話.温度のある物質内では電子がぶつかりあって外に放射される.可視光線は電磁波なので,それによって光が発生する.

温度が変化すると物体の色が変わる理由.色は電磁波の波長で決まっている.温度が上昇すると電子の回転スピードが速くなるので電磁波の波長が変化する.

このエントリーをはてなブックマークに追加 hatena-bookmark fb-like g-plusone
line-it
pocket