このエントリーをはてなブックマークに追加 hatena-bookmark fb-like g-plusone
line-it
pocket
  • 作成日時:
  • 更新日時:

動的モデルの単位を自主的に諦めることにしました

散々このサイトで「わからない」「難しい」と書いていた動的モデルですが,中間試験が全然出来なかったことを受けて単位を諦めることにしました.

動的モデル(中間試験),試験爆死しました - ncaq

本当は今日は一応行って中間試験の点数を確かめてから諦めようと思っていたのですが,今日起きたのが11時で講義に間に合わないことが発覚したので早めに諦めることにしました.

履修中止期間は過ぎてしまったので,単に欠席を続けるということになります.

履修中止期間,考えた時には既に過ぎてしまっていると思いこんでいたのですが.今調べたところ2017年11月1日までは受け付けてたんですね…履修中止申請 | 専修大学最終的にこうなってしまうのならば,早めに履修中止すれば良かったです.過ぎてしまっていると思いこんでしまったのが敗因ですね.

履修をちゃんと中止するならともかく,履修自体はあるのに出席をやめるのはまるで無断欠席を続けているかのようで,罪悪感があります.これまで大学の講義にはほぼ出席していたので,なおさらです.

また,大学の成績はあまり気にしてないのですが,成績にFがついてしまうのはやはり少し気になってしまいますね.このまま受け続けていてもFは確定なので,どちらにせよ同じなのかもしれませんが,努力の末Fというのと自ら放棄してFというのは少し性質が違う気がします.

一応混乱を避けるため,以下のメールを担当の先生に送っておきました.

先生は「中間試験が出来なかったらこの先講義についていくのは無理」と言っていました.私は前回の中間試験が全然出来なかったので,出席を自主的にやめることにしました.専修大学の履修中止期間は既に過ぎているので,正式な履修中止にはならず,履修登録はされたままになります.

一応連絡をしておいた方が無断欠席にならず,混乱を避けやすいと思ったので,連絡をしておきます.

これは私自身の知能の不足によるもので,授業自体は面白かったので,残念に思っています.

これまでありがとうございました.

このエントリーをはてなブックマークに追加 hatena-bookmark fb-like g-plusone
line-it
pocket