• 作成日時:
  • 更新日時:

manページはEmacsでhelm-man-womanを使って見るのがオススメです

みなさんはUnix向けのmanページをどうやって見ていますか?

私はEmacsとhelmを使って,helm-man-womanを使ってmanページを見ています.オススメです.

Emacsでmanのmanページを表示している様子
Emacsでmanのmanページを表示している様子

Emacsでmanページを見るための方法

Emacsにhelmをインストールして,以下のような設定をします.

(global-set-key (kbd "<help> w") 'helm-man-woman)

こうすることで,helpキー(私はM-cに設定しています)の後にwを押すことで,helm-man-womanが立ち上がります.

簡単に検索できる

helm-man-womanを使うとhelmでmanのページを選択することが可能です.

helm-man-womanを起動してmanと打ち込む
helm-man-womanを起動してmanと打ち込む

これによりコマンド名がうろ覚えでも検索できますし,コマンドに関連した他のmanページの存在を知ることが可能です.

バージョンを選択できる

同じ名前のmanページでも,日本語環境をインストールしているなら,日本語版と英語版の両方が提供されているのはよくあることです.また,コマンド名とシステムコール名が同じだったり,GNU版とPOSIX版があったりすることもよくあります.

日本語版があるなら日本語を読みたいですが,たまに翻訳版は古かったりするので,オリジナルを見たくなるというのはよくあります.

いつもはコマンドのマニュアルを見ているけれど,今はC言語のシステムコールのマニュアルを見たいというのもたまにあります.

互換コマンドを実装しているので,GNUの拡張版ではなく,POSIXの仕様を参照したいということもまれにあります.

helm-man-womanではこれらを簡単に選択することが可能です.

manを選択した
manを選択した

リンクを辿れる

manを表示したあと,webのハイパーリンクのように,リンクが貼られている箇所にカーソルを合わせて決定することで,他のmanページにジャンプすることができます.

配色されている

Emacsでmanを閲覧すると綺麗に配色されたマニュアルを読むことが出来る…と書こうと思ってたのですが,最近のmanのアップデートで,lessを使っても配色はされるようになりました.なので最近ではこの利点はlessを使っても同じです.

manページを画面幅いっぱいに表示する設定方法

Emacsはmanページを開く際にウィンドウを半分にして表示します.

見ながら作業できて便利なこともあるのですが,helpと違ってunixマンドの解説は全画面で見て構わないことが多いです.

半分のウィンドウで開かれると,表示幅も半分になってしまい,改行が鬱陶しくなってしまいます.

で,ずっと悩んでいたのですが,最近(2018-04-29)解決策を見つけました.

(custom-set-variables '(Man-notify-method 'bully))

と書けば常に全画面でmanページが表示されるようになります.

半分割して表示したい時は,ウィンドウを分割してから,デフォルトではuに割り振られているMan-update-manpageを実行することで幅がウィンドウに合わせられます.

逆に言うと,デフォルトの設定でも,ウインドウを1つにしてからuを押せば幅いっぱいにmanページが広げられます.