就活したくない 仕事したくない 進学したくない 存在したくない 死にたい

愚痴.

今日は14:30頃に起床しました.何もやりたくなかったからゴロゴロしながらtwitterを見ていました.

精神障害者の就活ツイートを見て精神がやられた

16:00頃に流れてきたツイートを見ました.

このツイートを見て強く共感しました.

私の親含めて,周囲の人達は障害者枠の就活が楽だと思っていますが,精神障害者は採用され辛いという現実があります.障害者就職の当事者として出てくるのも身体障害者ばかりでした.

真に障害者の救済を願っているのなら,障害者枠は身体・知的・精神それぞれ分けるべきだと考えています.

私が採用担当者だったとしたら私なんて取りませんし.

もっとも,私が最終面接まですら行けなかったのは精神障害者であること以前に私自身の問題なのですが.こういう風に「自分自身の問題であると認識している」とわざわざ書いていてもインターネットの人達は「お前自身のせいだろ,環境のせいにするな」みたいなことを読まずに書いてきますけど.

そんなことを考えていたら就活に意識を持って行かれて死にたくなりました.頭がズーンと重くなって吐き気とお腹の違和感がやってくきます.寝込んで回復しようとしても上手くいきません.

よくこんな状態になるのに鬱病も双極性障害も診断がされないのはどういうことなんだろう.

仕事したくない

そもそも私は仕事をしたくない.何をやってもうまくいかないから.

プログラミングも全く上手くいきません.今やってることも全然進まないし,私のプログラムは欠陥だらけで応答がよく無くなります.

ゲームも上手く作れないし,競技プログラミングも全然できないし,実際私にはまともなプログラミング能力がないのでしょう.

何もできないし何をやってもうまくいかない.

もちろん私だって仕事したくないという一面だけで構成されてるわけではありません.就活し始めたごく最初の時期はゲームやインターネットを広めて人類を幸福にして結果的に絶滅させるとか考えていました.

けれど今は何もしたくない.

進学したくないし,できない

就活の欝から回復してきて躁になった勢いで大学院への出願をしてしまいましたが,TOEICの点数も結局345点で,数学の過去問を解く気力もないので普通に落ちそうです.

トチ狂って受かったとしても,私に研究能力が無いことは分かっているので研究ができないでしょう.

こういう心境なので,もし面接で志望動機を聞かれたら「わかりません」とか「躁状態の勢い」とか答えるしかないので詰みです.

死にたい

最近よく死にたくなると言う話を主治医にしたら「君のために障害年金の申請をしたり手間をかけている人達が居る,死んだらそれが無意味になるじゃないか,君にはわからないだろうけど普通の人はそういう場合は死んだらいけないと思うものだ」などとよくわからないことを言われました.よくわからないので「じゃあ障害年金の申請が却下されたら死ぬべきということですか?」と聞き返してみました.返事はありませんでした.

今考えてみてもこれはおかしな話です.この理屈で死にたいというのを止めるなら誰にも顧みられない人は死んでも構わないことになってしまいます.

それに,私が存在していなければ私の親だってわざわざ障害年金の申請の手間を取る必要はなかったのですから,これはむしろ死んだ方が手間がなくて良いと言うことになってしまいます.親の場合生殖をしてしまったので自業自得なのですが.

私のために手間を取ってる人が居るというのは生きる意味よりむしろ死ぬ意味に繋がります.

というか多分私が死んだら悲しむ人より喜ぶ人の方が多いでしょう.

死にたい.自殺はしませんけど.

こんなことをだらだら寝こみつつスマートフォンで書いていたら,起き上がれるぐらいには回復しました.