ドワンゴの選考に2次面接で落ちました,そろそろ就活を終わりにしたいです

ドワンゴ1次面接に行ってきました,面接内容を書き起こして,反省も書きます - ncaq

ドワンゴの選考に2次面接で落ちました.

面接内容を口外しないことは誓ったのでそれ以外に言うことはありません.

以下は愚痴.読む価値はいつにも増してないです.

就活疲れた,そろそろ終わりにしたい

私は根がネガティブで普通に会話しててもナチュラルに「死にたい」とか「つらい」とか「私は何もできない」とか「人類が絶滅して欲しい」が混ざるタイプです.

そういう人が面接で会話をするのは耐え難い苦痛があります.

私は嘘が嫌いです.苦痛です.聞かれなかったから言わなかった,なんてのも立派な嘘の1つだと思っています.

最初に自己紹介をしろという時点でもう無理です.頑張って普通な感じ(過去の面接記事みたいな)の自己紹介をしようとしていますが,本当は死にたいとか私はゴミだとか,そういう思考が頭の中を渦巻いています.

たったの4社しか落ちてないのに限界になるなんて世の中の平均からすれば精神が軟弱すぎると思いますが,もはや限界です.面接をしたくない,よく思われようとする会話をしたくない.

障害年金がおりない

今の医師曰く,今の障害の状況では障害年金の審査が通る可能性は少ないそうです.

適応状況がさほど悪くないからだそうで「じゃあ一度リクルート襲撃してきて捕まったら社会に適応してないということで障害年金おりるでしょうか」と聞いてみましたが,そういうことしたら診断書書いてくれないらしいです.

現状で社会に適応してるから障害年金がおりない,でも社会に適応してない行動を取ったら診断書を書いてくれない.ではどうすれば良いのでしょうね.

それはさておきリクルートは滅ぶべきである

リクルートは就活自殺者を生み出す就活ビジネスで金儲けをする悪の組織である.

就活自殺者は年に100人以上,時には200人以上に及ぶ.リクルートの社員は1人につき平均1人を殺している殺人者である.

自殺するくらいならば,役員,役員を殺せなければ社員を殺すことを誓う.

本当はリクルートは私などの一存ではなく,法によって裁かれるべきである.しかし,その法が機能していないのだから仕方がない.

このエントリーをはてなブックマークに追加 fb-like g-plusone