haskellによるquine

  • haskellによるquine
  • クワインを書くコツ

背景

2014年4月に書きました.

当時クワイン (プログラミング) - Wikipediaを知って,ちょうど暇だった.

一応wikipediaのサンプルコードは読まずに書きました.

ソースコード

main :: IO ()はなくても良いので,これをなくせば1行になります.

クワインを書くコツ

文字列を2回出力するプログラムを書きます.

2回めの出力時には,その言語の文字列表現とするために,haskellの場合はダブルクオートをくっつける.このソースコードでは1回めの出力ではputStr,2回めの出力ではprintを使うことでダブルクオートを添付しています.

最後に,そのプログラムを文字列として書き,そのプログラムに渡してあげます.

このエントリーをはてなブックマークに追加 fb-like g-plusone