LLVMでフィボナッチ数を計算する

背景

自作のプログラミング言語をLLVM対応させて,ネイティブコンパイルしたくなった.

なので,まずLLVMの内部言語を知ろうと考えた.そのために,とりあえず,フィボナッチ数を計算するプログラムを書いた.

そういう記憶がある.

なお,肝心の自作プログラミング言語は放置されている.そもそもがネタだから仕方がない.

ncaq/unown-expl: pokemon exp programming language

ソースコード

感想

いかんせん書いたのが2016-05なので記憶が曖昧だが,C言語がどれほど高級な言語か思い知らされた.

x86アセンブリの方が簡単なレベルにつらい.

低級で超冗長な言語でデータが不変だと,とてもつらいことがわかった.

こことかこことか簡単に推論出来るだろ?冗長すぎるだろ…とか思いながら書いていたが,よく考えたら人間が書く言語ではなかった.

その点,アセンブリ言語は今もまだ人間が書くこともあるので,まだllvmよりは優しいのかもしれない.

それと,ドキュメントの非公式日本語訳のバージョンが古く,記述が矛盾していてしばらく詰まった記憶がある.

このエントリーをはてなブックマークに追加 fb-like g-plusone