GNU/LinuxでのCDのリッピングにはAudexがオススメです

最近CDをリッピングすることも少なくなってきましたが,GNU/LinuxでのCDのリッピングにはAudex - KDE UserBase Wikiがオススメです.

audexでリッピングする前のメタ情報認識
audexでリッピングする前のメタ情報認識

5年前ぐらいに知って,ずっとこれを使っています.

KDEのソフトウェアですが,もちろんKDE環境でなくても利用できます.

おすすめポイントはMusicBrainzfreedbの両方に対応していることで,どちらかの引っかかったデータを利用することが出来ます.

データがない場合や間違っている場合に自分で入力するインターフェイスも良好で,ストレスが少なくリッピングすることが出来ます.アーティスト情報とタイトルが逆とか,そういうよくある間違いを修正するツールも揃っています.

ただ,MusicBrainzの対応はKDEのライブラリを使用しているため,Gentoo環境ではpackage.useに

kde-apps/libkcddb musicbrainz

と書く必要があります.

デフォルトでflacに対応していて,デフォルトでのファイル名つけなども自然なので,あまり設定をいじらずに使うことが出来ます.

ただ,カバー情報をデフォルトでjpegで保存するので,audexrcには以下のように書いてpngで保存されるようにします.

sc_format=PNG
sc_name=cover.$suffix
sc_scale=false
sc_size=2000,2000

ただ,flacのgainは自動でつけてくれないので,複数枚のCDをリッピングした後に

を実行してgainをかけています.

ちなみに私は音楽の再生にはRhythmboxを使っています.インターフェイスがちょうど良い.Rhythmboxの代替として採用されるようになったBansheeはC#製というのが原因なのか,少々不安定です.

このエントリーをはてなブックマークに追加 fb-like g-plusone pocket