このエントリーをはてなブックマークに追加 hatena-bookmark fb-like g-plusone
line-it
pocket
  • 作成日時:
  • 更新日時:

Threadripper 1950Xに対してメモリが足りなかったので16GBから32GBに増設しました

16コア32スレッドのThreadripper 1950Xを購入して,これで並列ビルドも楽々!clangやchromiumのビルドも超速で終わるようになる!

と思っていたのですが,1つ誤算がありました.

メモリが足りない.

最近のメモリの高騰から,メモリは送られた16GBのものを使っていたのですが,これでは到底32スレッドを活かすビルドができないことが判明しました.

atopで見ればわかるのですが,cc1plusは1プロセスにつき700MB程度のReal Sizeメモリを消費して,これが32個起動すると,16GBではスラッシングが発生してまともに動かなくなります.

じゃあswapを無効化すれば良いのかと言うと,当然OOM-Killerさんがプロセスを殺しに来ます.

この問題を解決するにはどうすれば良いのか,当然メモリを買うしかありません.

というわけでメモリを買い足しました.

同じやつなら同時に設置しても問題ないかなと思って,価格的にもちょうどよかったので同じものを買いました.

Amazon価格を調べてみるとDDR4-2666MHzのCMK16GX4M2A2666C16が¥23,465で,

DDR4-2400MHzのCMK16GX4M2A2400C16が¥23,690で意味が分からない,なんで…?

何故かマザーボードが2666MHz駆動に対応していないため,2667MHzで動いています,1MHzだけオーバークロックしてるけど,これぐらいなら大丈夫ですよね…多分…

32GBにメインメモリを増設して本物の32スレッドの威力を味わえるようになりました.

このエントリーをはてなブックマークに追加 hatena-bookmark fb-like g-plusone
line-it
pocket