• 作成日時:
  • 更新日時:

RSSリーダーにはTiny Tiny RSSを使うのがオススメです

Live Dwango Readerの終了がニュースになってから結構経って今更感がありますが.

RSSリーダーにはTiny Tiny RSSを使うのがオススメです.

私は最初のRSSリーダーにはOpera(Presto時代)を使い,そこからGoogle Readerに移行しましたが終了して,Feedlyなどを使ってみましたが満足できませんでした.しかし,4年ほど前にTiny Tiny RSSを使いだして満足しています.

Tiny Tiny RSSとは?

オープンソースのweb上で動作するRSSリーダーです.

PHPとPostgreSQL(MySQL)を使って動作します.

これは,自分のサーバにインストールして動かす必要があります.

インストール方法については解説しているページがいくつもあるので,ここでは解説せずに,Tiny Tiny RSSの魅力について語っていこうと思います.

web上で動作するので複数のデバイスから利用できる

ローカルで動作するRSSリーダーは,複数のデバイスでの同期が大変です.

その点,Tiny Tiny RSSはwebをインターフェイスにして1つのサーバ上で動くので,同期を気にする必要がありません.

複数端末から統一された既読未読にアクセスすることができます.

Androidクライアントがある

公式のAndroid用クライアントがあります.Tiny Tiny RSS (TRIAL) - Google Play の Android アプリ

正式に使うには450円かかりますが,開発をサポートするという意味で払う価値はあると思います.私は払いました.

無料がいい,という人向けには,非公式のTTRSS-Reader - Google Play の Android アプリというアプリもあります.

後は公式Androidクライアントもオープンソースで開発されているので,自分でビルドすれば実は無料で使えたりもします.git/tt-rss-android: Tiny Tiny RSS for Android - Tiny Tiny RSS

お気に入りの記事機能がある

「お気に入りの記事」という項目があり,選んだフィードの記事をここに放り込めます.

後で読みたいという時に,わざわざwebサイトに飛んで登録したりしないですむから便利です.

広告をブロックできる

Tiny Tiny RSSにはフィルター機能があり,正規表現を書いて,広告のフィードをブロックできます.

フィルター
フィルター

これを提供しているRSSリーダーはあまりありません.

プラグイン機能がある

Tiny Tiny RSSの最高な所はここです.

Tiny Tiny RSSはオープンソースで開発されているので,自分で本体のソースコードを弄ることもできます.しかし,もっと楽で,互換性を壊しにくい「プラグイン」という機能があります.

プラグイン機能ではpluginsディレクトリに入れた任意のPHPのプログラムをプラグインとして動かせて,Tiny Tiny RSSの機能を拡張することができます.

私はキーボードショートカットを自分の好みに合うように変更しました.ncaq/ncaq_keys: tt-rss ncaq keys plugin

ここまで楽にキーボードショートカットを弄れて,私の望むキーバインドに出来るRSSリーダーはオープンソースならではです.