死にたいほど痛い肩こりが帯状疱疹(ヘルペス)でした

帯状疱疹とは水痘ウイルスが体内で暴れ出して猛烈な痛みを伴う病気です.

知覚神経の走行に一致して、皮疹出現の数日前から違和感や疼痛が出現することが多い(皮疹と同時、或いは出現後の事もある)。その後一般に帯状に紅色丘疹・浮腫性紅斑・紅暈を伴う小水疱が列序性に出現し、疼痛やそう痒感を伴う。[5]。神経痛・神経障害のみで皮疹が出ないという病態(zoster sine herpete)もある。2週間以上治癒しない場合、免疫機能の異常が考えられる。

60歳代を中心に50歳代〜70歳代に多くみられるが、過労やストレスが引き金で若い人に発症することもある。年齢が若いから軽症ですむとはかぎらず、その患者の抵抗力により重症度が決定される。初期に軽症であっても、無理をすることでいくらでも重症化する疾患である。

帯状疱疹 - Wikipedia

寝込んでいたら痛みがやってきた

就職活動で鬱病が悪化したのでリクルートに乗り込んで社員をアレしたい - ncaqを読んでくれればわかるように,私は鬱病でしばらく寝込んでいました.

その後,ものすごい痛みが肩こりとして,頭痛や手のしびれを伴ってやって来ました.

接骨院などに行ってみました

最初は痛みもそれほどひどくなく,これは寝込んだことによる筋力低下が原因だと思いました.しかも,最初期は帯状疱疹の肌荒れが出てこなかったので,皮膚病だとは思いもしませんでした.

後から肌荒れは出てくるらしいです.

マッサージなどを受けましたが,受けてる時は痛みは引くのですが,終わると即座にやってきて,改善は見られませんでした.原因がわかると当然ですが…「神経がおかしいのかもしれない」というのは接骨院の先生の言葉ですが,ある意味は当たっていますね.

整形外科に行ってみました

どんどん痛みが増してきて,このまま痛いままなら安楽死を選びたいというほど傷んできて,痛みで夜も眠れない状態になってしまったので,もう整形外科に行くことにしました.とっとと行くべきでしたね.

そこで皮膚を見せた所「あ,これヘルペスですね」の一言で皮膚科に行くことになりました.

一応レントゲンとMRIも撮りましたが,そちらにはまったく異常はありませんでした.

皮膚科で解決

皮膚科に行って,薬をもらうことになりました.

帯状疱疹の治療は単純で,薬(新しいものなのか後発品はない)を飲んでウイルスの動きを抑えて,体内の免疫が復活するのを待つだけです.痛みは鎮痛剤でごまかします.

というわけで,体が治るまで,まだまだ寝ようと思います.

何故早く皮膚科に行かなかったのか

  • 私はダニアレルギーを持っていて,最初の肌荒れぐらいなら普段からありえました
  • 触っても痛くはありませんでした
  • 当初は存在しなかったから無関係だと思っていました

みなさんは片側だけが猛烈に痛くなったらすぐ皮膚科に行きましょう.

原因

冒頭にも書きましたが,普通は帯状疱疹なんて若者はかからない病気らしいです.よほどストレスが溜まっていたのでしょう.原因を許すまじ.世紀の大逆転が起きて私が偉くなったらあいつらシベリア送りにしてやる.

このエントリーをはてなブックマークに追加 fb-like g-plusone