pixivにメールアドレスを「使用できません」と弾かれていたのが解決した話

  • pixivにメールアドレスを「使用できません」と弾かれていた
  • MXレコードを設定していないせいだった
  • 規格では設定しなくて良いらしい
  • 独自のバリデーションには気をつけよう

背景

私はメールサーバを独自に運用している.そのメールアドレスがpixivで使えないトラブルがあった.どうでもいいやと放置していたけれど,丁度pixivのidが変更出来るようになった.その機会にtwitterで愚痴ったら,pixivのエンジニアから返答を頂いた.

参考

規格によると

空の MX リストが返された場合、そのアドレスはそのホストを指す優先度 0 の暗黙的 MX RR に対応するものとして扱われる。

“暗黙的 MX(implicit MX)” の規則は、MX レコードがまったくない場合にのみ適用される。

そのドメイン名は(問い合わせられたとき)メッセージが向けられるべき SMTP サーバーの IP アドレスを与えるアドレスレコード(例えば A RR、または AAAA RR)を、少なくともひとつ返さなければならない(MUST)。

RFC5321(Simple Mail Transfer Protocol)

SMTP的には私のメールサーバとDNSの設定には問題がないようだが,pixivではPHP: checkdnsrr - Manualを使って独自にメールサーバをバリデーションしているようだ.

MXレコードというものはメールサーバアドレスの転送のためにあるのであって,最初から最終受け取り地点のメールサーバに設置するのは筋が悪い.

しかし,規格に違反してMXレコードを要求するシステムは現存する.MXレコードを設定することにはデメリットは特にない.互換性のために設定しておくべきだろう.

このエントリーをはてなブックマークに追加 fb-like g-plusone