XPS 13 9360(2016年発売)を購入した

到着したので書く.

購入理由

これまで使っていたXPS 13 L322X(2013年発売)にあまり不満はなかったが,

  • ファンがぶっ壊れたのか,少し負荷をかけると異音を放ち,静かな場所だとかなり気まずい
  • CPUをケチってCore-i5でオーダーしたため,ビルドが遅い
  • 新しいPCは全体的に昔のより軽いと聞いて魅力的に感じた

ため新しいPCを探した.

USキーボードのものを発注できて軽くてそこそこの速度を持つPCが結局XPS 13しかなく,丁度15%セールの最終日だったのでつい購入してしまった.

  • 小計: 12万2483円
  • 消費税: 9798円
  • 合計: 13万2281円

であった.消費税が高い.

これまでのと比較

これまで使っていたのはXPS 13 L322X(2013年発売)

今回購入したのはXPS 13 9360(2016年発売)

XPS 13 9360(2016年発売)はXPS 13(2015年発売)のマイナーチェンジモデルで,CPUだけが新世代に切り替わった.

2013年に発売したモデルとは外見から異なり,特にベゼルが狭くなった.

並べてみると,同じ表示領域なのにも関らず,新しい方はかなりサイズダウンしていていることがわかる
並べてみると,同じ表示領域なのにも関らず,新しい方はかなりサイズダウンしていていることがわかる

CPUはi5-3337Uからi7-7500Uにパワーアップ.SSDはPCIe接続に切り替わりスピードアップした.メモリがXPS 15とは異なりDDR3のままなのは残念なポイント.

プログラミング用途に使うならば,物理2コア止まりのi7-7500Uではなく,本物の4コアCPU(現在Kaby Lakeには発売されていないが)を積んだラップトップPCを買うべきではないか?と疑問に思う人も居るかもしれない.

しかし,そういった高性能PCになるとXPS 15のように巨大かつ重くなり,モバイル用途に使うには厳しくなる.家にはデスクトップPCもあるため,そういった用途にはデスクトップPCを使うことにして,そこは妥協した.

まだ本格的に使ってないけど感想

かなり軽くなってそのまま使え,ファンが壊れていないことが嬉しい.

電車で立ちながらXPS 13を抱え込んでプログラミングをする行為が捗りそうだ.

後,あんまり端子に興味なく調べずに買ったのでSDカードとかUSB Type-Cとかの端子があってびっくりしました.mini DisplayPortがひっそりと廃止されていたので,HDMI変換ケーブル買おうかと悩んでいたけれど買わなくて良かった.

USB Type-Cでの充電もサポートしているらしいですね.使う予定はないけど.