私は自己肯定感が殆どなく,それは致命的なことですが,社会に希望は持っているのかもしれない

私は

  • 自己肯定感がない
  • 自尊心がない
  • 自分に自信がない

自己肯定感が無いことが就職活動で一番困難

私は自己肯定感が殆ど無い.私の私へつける評価は「東芝の経営陣よりはマシ」というぐらい.

散々就職活動でリクルートによる大量エントリー煽りが悪いと愚痴っていて,警察まで呼ばれる自体になりましたが,本当は自分に問題があることなど,とっくに分かっています.それを鬱病状態のまま考えると,自殺したくなるから,防衛機制として攻撃に走っているだけです.

だって,私がまともに落ちた会社はまだ3社しかない.それでリクルートが作った大量エントリー社会が悪いとするのは,自分一人を見るなら道理が通っていません.

それはそれとしてマクロで見ると,就活自殺者が年間100人以上も居るのはおかしいし,リクルートやマイナビを始めとする就活ビジネスは人の生き血を啜る殺人ビジネスだという考えは全く変わっていませんが.

  • 私は仕事がしたくない
  • 何故ならば,私と仕事をする人がかわいそう
  • だって,私は無能なのだから

こんなことを考えているのに,就職活動をするのは狂っています.狂った行為をし続けていれば,即ち狂人となり,精神を病み倒れるのも必然であろう.

加えて私は嘘をつくことに人より多く苦痛を感じるタイプのようです.これで嘘をつくことをなんとも思わなければ,会社から金を奪ってやるぜーという気持ちで何一つ罪悪感を覚えずに就職活動が出来たのですが.

まさにこの通りで,自分が好きな人が私は本当に羨ましい.そういう人は,何も罪悪感を感じずに就職活動が出来るのだろうし,落ちても私ほど自分のダメさを見せつけられて落ち込むこともないのでしょう.きっと.

結婚がしたくない

私は生殖がしたくない,以前に結婚すらしたくありません.私なんかと結婚する人がかわいそうだから.

生きていたくない

私と関わる人がかわいそうだ.

強迫性障害を自尊心がないことが加速させている疑惑があります

私は自分に関わること全てが汚く見えてしまうので,私が昔につけたIDとか,名前とか,プログラミング設計など全てが汚く見えてしまいます.

何かしらのフレームワーク上でコードを書くときも,自分のコードをなるべく入れずにフレームワークの機能を使ってショートコーディングしたくなるのも,その性質の1つなのでしょう.

自分でつけるIDが消滅して欲しい,乱数ならば,私の意識が介入する余地はありません.

でも人より社会に希望は持っているのかもしれません

私が「リクルートを襲撃して社内取締役4人をぶち殺せば少しは就活が変わるかもしれない」などということを話すと,大抵の人は「それでは変わらないと思う」などと言います.しかし,私は変わると思います.

無関係な人を殺傷した秋葉原の加藤ですら,派遣社員へのパワハラが減ったととか,色々な規制が出来たとか,そう言った変化はありました.

もし私が就活ビジネスのトップと言えるリクルートの取締役である,峰岸 真澄,池内 省五,草原 繁,佐川 恵一,をぶち殺せば,5人以上就活自殺者が減ってくれるだろうと思います(仮定の話をしています,通報は不要です).4人殺して5人以上救えるならば,それはとっても素敵なことだと思っています.

それを学生相談室の人に言った所「じゃあ君は社会に希望を持っているのかもしれないね」と言われました.そうなのかもしれない.

私が自分に希望も持っているのならば,経済的にリクルートを駆逐する会社を作ってリクルートを合法的にぶっ潰すことを考えるのでしょうが,それは出来ません.

もし私に経営の才能が有ったとしても,リクルートは自殺者を無視して反倫理的なことも平然と行えて,私は倫理に縛られたビジネスをするのですから,勝てるわけがないのですが.

私が社会に希望を持っていて,自分に希望を持っていないので,殺害などということを考えてしまうのでしょう.暴力はこの世の殆どの人が使える,非常に安易な能力です.

だから暴力装置の集権は必要なんでしょうけど,時には暴力を使う必要があります.

希望 自分にある 自分にない
社会にある 起業 暴力
社会にない 社畜 自殺

私は自分のことになると途端に評価を最低ランクまで下げてしまいますが,自分が介在していなければ,それなりに論理的に物事を考えられるとは思っていますがそれは所詮自分がする思考でただの妄想で…やめておきましょう.

だから,私はあまり決定を自分ではやりたくありません.静かに本を読んだり,ゲームをしたり,プログラミングをやっていきたい.そうすれば,私も世界も幸せになれるのかもしれません.

このエントリーをはてなブックマークに追加 fb-like g-plusone